プロのフローリストが伝えるアーティフィシャルフラワーの魅力 ~桜のフレームデザイン~

2021.03.15 その他

プロの現場で活躍中のフローリストがMAGIQブランドのアーティフィシャルフラワー(造花)を自ら選び、
季節のフラワーアレンジメントをデザイン。

アーティフィシャルフラワーだからできるデザインだけでなく、フローリストのセンス・テクニックが
ふんだんに盛りこまれています。

フローリストも使いたくなる【アーティフィシャルフラワーだからできる!デザイン】そのコツやポイントは必見です!
アーティフィシャルフラワーMAGIQの新たな魅力をご提案いたします。

プロのフローリストが伝えるアーティフィシャルフラワーの魅力 ~桜のフレームデザイン~


和紙の柔らかさが春の優しさに…「桜のフレームデザイン」

平田氏の代名詞とも言うべき「和紙」に合わせるのは春の象徴「桜」、生花では出来ないフレームアレンジを
デザイン。

和紙が持つ独特の風合いが桜ピンクを引き立て、フェアリーで優しい春らしさ溢れる仕上がりに。
女性ならでは細やかな和紙使いのテクニックは必見です!


フローリスト:平田 容子氏

栃木県宇都宮市にあるHANA MENTALデザイナー。
和紙をはじめ日本の素材を生かした独特のデザインを生み出し、同業界・一般と広くデザイン講習を行う。
また、花好きな子供たちが増えるようにと自ら考えた『キッズレッスン』に力を注ぐ。

日本プリザーブドフラワー認定協会.e理事
アトリエ ラ マリエ認定講師
International teacher
(ドイツのフラワーデザイナー、グレゴールレリッシュ氏の公認する講師資格)


YouTube・東京堂チャンネルはこちら

東京堂チャンネルでは、プロのテクニックやセンスが学べるフローリスト向け動画から初心者の方でも楽しめる手作りキットの作り方解説動画まで、アーティフィシャルフラワーの世界が広がる動画を配信中!
ぜひご覧ください。

↓YouTube東京堂チャンネルはこちら!


この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る