プロのフローリストが伝えるアーティフィシャルフラワーの魅力 ~ペールトーンのRain drop~

2021.06.07 その他

プロの現場で活躍中のフローリストがMAGIQブランドのアーティフィシャルフラワー(造花)を自ら選び、季節のフラワーアレンジメントをデザイン。

アーティフィシャルフラワーだからできるデザインだけでなく、フローリストのセンス・テクニックがふんだんに盛りこまれています。

フローリストも使いたくなる【アーティフィシャルフラワーだからできる!デザイン】そのコツやポイントは必見です!
アーティフィシャルフラワーMAGIQの新たな魅力をご提案いたします。

プロのフローリストが伝えるアーティフィシャルフラワーの魅力 ~ペールトーンのRain drop~


水からインスピレーションを得て…「ペールトーンのRain drop」

水をテーマに水しぶきや雨が降る様といったデザインのインスピレーションを得て出来た作品、アーティフィシャルフラワーならではのペールトーンの色合いでより表情豊かに。

また、メッシュ状のリーフを花留めにしたり、花の浮遊感を際立たせるデザインとアーティフィシャルフラワーだからこそのテクニックは必見です。


フローリスト:三浦 淳志氏

HANAZO 花蔵 代表
山形県鶴岡市にてフラワーショップを構え、地元での活動をベースに様々なイベントやコンテストに参加。
第29回全日本花卉装飾技能選手権(福島大会)1位内閣総理大臣賞をはじめ受賞歴多数。

フラワー装飾一級技能士
花阿彌 プロフェッショナルインストラクター
シオンフラワーデザインクラブ代表
フラワーデザイナーズメンバー


YouTube・東京堂チャンネルはこちら

東京堂チャンネルでは、プロのテクニックやセンスが学べるフローリスト向け動画から初心者の方でも楽しめる手作りキットの作り方解説動画まで、アーティフィシャルフラワーの世界が広がる動画を配信中!
ぜひご覧ください。

↓YouTube東京堂チャンネルはこちら!


この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る