MAGIQのこだわり

花のある暮らし Creative Floral Life

アーティフィシャルフラワー(造花)とは?

最近では「アートフラワー」「シルクフラワー」「フェイクフラワー」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、
近年、造花の質の向上がめざましく、生花に見間違えるような精巧なものが増えたため、東京堂では人工的に作られた花を「アーティフィシャルフラワー」と呼んでいます。
旧来品の「造花」とクオリティの違いを明確に区別するうえでも、
「アーティフィシャルフラワー」「アートフラワー」「シルクフラワー」「フェイクフラワー」が一般的な呼び方になりつつあります。

Meritアーティフィシャルフラワーのメリット

アーティフィシャルフラワーは生花のような美しさやその質の高さだけでなく、主にポリエステル・ポリエチレンで作られているので耐久性に優れており、また、劣化しにくいことや形を変えてリメイクしやすいことからビジネスシーンなど幅広い分野で活用されています。

  • 給水不要で枯れない
    生花のように給水の必要がないので生活の様々なシーンに対応できます。
    水やりが困難な場所での装飾や事前準備が必要なウェディングブーケにも最適です。
  • 花粉や香りがない
    ご家庭のダイニングテーブルや飲食店など、料理の邪魔をすることがありません。
    病院や医療施設など衛生面で注意が必要な所にも最適です。
  • 季節を問わない演出
    撮影やウェディングシーンで、季節に左右されずイメージにあった演出が可能です。
  • アーティフィシャルフラワーならではの演出が可能(リメイク含む)
    生花にはないサイズや色目・創造の花などイメージにあった演出ができます。
    また、花や茎にワイヤーが入っているため、自由にデザインすることが可能です。

Policy「MAGIQ」ブランドのこだわり

  • ワールドトレンドの追求 インテリアやファッション界における世界のトレンドカラーを取り入れ、テーマやコレクションを開発します。
    その実現のため、世界でも有数のトップバイヤーが集まる産地で買い付け・開発を行います。
  • 日本市場の追求 世界のトレンドを取り入れた後は、更に日本市場向けに改良を重ねます。
    日本人が好む色調を取り入れ、また日本の環境に馴染むサイズ感など1つ1つ丁寧にチェックし組み入れていきます。
  • 表現力の追求 生花のようなリアルさの追求から始まり、さらにアーティフィシャルフラワーならではの演出、
    お客様の使用用途を踏まえた枝葉の長さやカラーバリエーション、他の花材との合わせやすさなどを1点1点考え開発します。
    それにより店舗のディスプレイやインテリア、お花のお教室、アート作品、ウェディングアイテムなど、
    幅広い用途にご利用いただいています。

東京堂のバイヤーが1年を通し、これらのこだわりのもと仕入れ・開発を行っている「MAGIQ」ブランド。
プロフェッショナルの要求から花と出会って間もない方まで、ご満足いただける品質とバリエーション、使い勝手の良さをぜひご体感ください。