アーティフィシャルフラワー ~選ばれる魅力と4つのメリット~

2021.01.25 その他

アーティフィシャルフラワーとは、品質や表現にこだわった造花のこと。

生花を目指し改良を重ねた美しい姿だけでなく、耐久性に優れ劣化しにくいことや、リメイクのしやすさからビジネスシーンなど幅広い分野で活躍しています。

ここではアーティフィシャルフラワーブランド「MAGIQ」を牽引する東京堂が、アーティフィシャルフラワー、
そしてMAGIQがビジネスシーンや花のプロフェッショナルに選ばれるその理由とメリットについて詳しくご紹介いたします。


1.給水不要で枯れない

生花のように給水の必要がないので生活の様々なシーンに対応できます。

●店頭やイベントのディスプレイに
店頭やショーケース内、壁面ディスプレイといった水やりが困難な場所の装飾に向いており、有名メーカーの店舗や展示イベント、雑誌の撮影現場など様々な業界で利用されています。

●ウェディングブーケに
写真の前撮りから本番当日まで長期間の準備が必要なウェディングブーケにも活躍、最近では海外ウェディングでも人気です。
生花を表現する事を重視するMAGIQブランドのアーティフィシャルフラワーは、お客様の特別な日に選ばれています。

●ご自宅のグリーンスペースに
花や緑に癒されたいけど忙しくて手間暇はかけられない、つい枯らしてしまうという方にも好評です。

※但し、水に濡れると染料が色移りする場合がありますので、風雨にさらされる屋外や浴室等での使用には不向きですのでご注意ください。


2.花粉や香りがない

●ご家庭や飲食店のダイニングで
ご家庭のダイニングテーブルや飲食店などで料理の邪魔をすることがなく、日ごろ花粉に悩まれている方も室内で手軽に季節を楽しんでいただけます。

●お見舞いのお花として
昨今では病院や医療施設など衛生面で注意が必要な場所では生花が禁止されている所も多いですが、アーティフィシャルフラワーなら香りも花粉もなく、水も必要ないためお見舞いのお花としても好評です。


3.季節を問わない演出

●撮影現場やイベント展示に
ビジネスシーンのイベントや撮影現場などはどうしても季節の先取り・長期間になってしまうもの。
そんな時もアーティフィシャルフラワーなら満開に咲いた花を1年中好きな時に揃えることができます。

●思い出の花を、季節を問わず手元に
個人のお客様ではウェディングシーンなどで、思い出の花や一番好きな花を季節を問わず使っていただけるため、こだわりを持った方に選ばれています。

また、四季折々の花々をミックスした演出ができるのもアーティフィシャルフラワーならでは。自由な発想で花合わせをお楽しみいただけます。


4.アーティフィシャルフラワーだからこそできる演出

●生花にはない色味・サイズ・創造の花
青や黒のバラ、顔よりも大きい満開のダリア、ラメが輝く枝…
現実では難しい表現もアーティフィシャルフラワーなら可能に。

●自由な成形と耐久性
花や茎にワイヤーが入っているものが多いため、自由にデザインできます。
画像の様に葉を折り重ねて器にしたり、茎を大きく曲げてアーチを描いたり。ディスプレイに適しているのもこの為です。

大胆に自由に!MAGIQは作り手の創造性を広げることでしょう。


最後に -MAGIQとは-

アーティフィシャルフラワーブランド「MAGIQ」が長年愛されてきた理由は、バイヤーがこだわり、生花の美しさを再現できるよう開発を続けた品質、そして弊社デザイナーがシーズンごとにご提案する豊富なアイディアにあります。

また、「数が多く使えるよう手に取りやすい価格帯のものを」とのご要望にも答えるため、原材料や人の手による塗装などを抑えクオリティは比較的落ちるものの安価なアイテムもご用意しています。

作品作りやディスプレイにお悩みなら、ハイエンドから扱いやすいスタンダードアイテムまで幅広く揃った東京堂
「MAGIQ」におまかせください。

業務取引をご希望の方は こちら
(法人会員のご案内)

一般の方のお買い物は こちら
(一般向け小売りサイト マイフラ)


この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る