ドライフラワーリースの作り方【How to DRY】

2021.02.24 その他

はじめてでも安心♪ドライフラワーを楽しむヒントをご紹介します!

ナチュラルで素敵なドライフラワーを飾ってみたいけど・・・
何かコツはあるのかな?ずっと飾っておいて大丈夫なの?など、
さまざまな疑問と回答をコラム形式でご紹介してまいります。


ドライフラワーリースの作り方

リース作りはデザインや使うベースによって作り方が異なります。
今回は自然素材のつるや、枝で出来たナチュラルベースを使ったリースの作り方を簡単にご紹介いたします。

リースベースに”フック”をつける

ワイヤーや麻紐で吊るす部分を作ります。
花材が壊れやすいので最初につけておくことをおすすめします。

花材を貼る

つるや枝で出来たリースベースの隙間に花材を挿しこむようにまたは貼るようにつけていきます。
接着剤は木工ボンドやグルーがお勧めです。

大きな花材から順番に貼って行き、花材の向きやアウトラインを整えるように
リース全体に花を埋めるようにつけて行きます。

リース本体断面の外側から内側へ180度展開を意識するときれいに仕上がります。
ポイントは側面と内側も素材を埋めるようにデザインして行く事です。

細くて繊細な花材は部材同士の隙間に接着するように貼り付けて仕上げて行きます。
接着剤は木工ボンドかアドヒーシブがおすすめです。

完成です!!
ナチュラルなリボンやタッセルなどをプラスしても可愛いですね♪
今回はドライフラワーリースのベーシックな作り方をご紹介いたしました。
是非、お気に入りのドライフラワーでお試しくださいね。



この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る