東京堂バイヤーが解説!「アーティフィシャルフラワーのこだわりと魅力のひみつ - 春 リュクスラナンキュラス - 」

2021.03.03 その他

アーティフィシャルフラワーとは、品質や表現にこだわった造花のこと。
その中でも「MAGIQ」ブランドを牽引する東京堂のバイヤーが、アーティフィシャルフラワーの細部のこだわりを直接お伝えします。

今回のピックアップアイテムは、春の花ラナンキュラス。

生花に存在する変わり咲きの品種をイメージし商品化した”リュクスラナンキュラス”のご紹介です。


FM4119 リュクスラナンキュラス

春を代表するお花の一つ、ラナンキュラス。
咲き方や色数がとっても豊富な東京堂のラインナップの中でも、変わり咲きの品種をイメージした本商品の一番の特徴は”花びら”。

薄紙のようにひらひらと軽やかな花びらですが、表面はつややかでシルクのような光沢を持っています。
これにより軽やかさと華やかさを両立させた春の花に。

正面から見るのも素敵ですが、横顔がなんとも美しい!

ステムは先端までワイヤー入り。(これ、とっても重要なんです!)
先端まで入ることで花の向きを自由に微調整することが可能です。
花びらの柔らかなカラーグラデーションが、角度によって表情を変化させ奥行きをもたせます。


春の新色

何よりこちらの商品は”スプレー咲き”と呼ばれる形状で、1本に3輪のお花がついています。
 このお得感も人気の秘訣なのです。  

丈があるので大きめのアレンジにも向いていますし、投げ入れなら家庭用のガラス花器に3~4本ほど入れれば十分ボリュームがでます。
上の写真は今年の新色#42ピンクモーブ。
春らしいカラーでワクワクした気持ちになりますね。


カラーバリエーション

カラーバリエーションは豊富に5色展開!

#6    ピーチ
#21  ダークイエロー
#42  ピンクモーブ
#48  クリームピンク
#52  ホットピンク 

一番人気は#48 クリームピンクです!

単色使いは勿論、ミックスしても魅力が出るよう色のトーンを考えバリエーションを揃えました。


Spring Flower

春はやっぱりお花の季節!

お部屋に飾ったり、ギフトとして贈ったり気持ちまで明るくなる花々とともに暖かい季節を迎えましょう。


ご購入はこちらから

作品作りや店舗のディスプレイにお悩みなら、ハイエンドから扱いやすいスタンダードアイテムまで幅広く揃った東京堂「MAGIQ」におまかせください。
 

●業務取引をご希望の方は こちら
(法人会員のご案内)

●一般の方のお買い物は こちら
(一般向け小売りサイト マイフラ)

●東京堂 店舗詳細は こちら

既に業務取引会員のお客様は こちら
(業務取引会員専用サイト Net CFL)


この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る