東京堂バイヤーが解説!「アーティフィシャルグリーンのこだわりと魅力のひみつ アジアンタムポット」

2021.08.23 その他

アーティフィシャルフラワーとは、品質や表現にこだわった造花のこと。
その中でも「MAGIQ」ブランドを牽引する東京堂のバイヤーが、アーティフィシャルフラワーの細部のこだわりを直接お伝えします。

今回のピックアップアイテムは、柔らかく明るい緑色の葉がひときわ目を引くインテリアグリーン・アジアンタムポット。
シンプルで合わせやすい鉢付きでこのまま飾っても良し!お気に入りの鉢カバーを合わせても良し!のとっても便利なアイテムなんです。


FZ1491 アジアンタムポット

お花屋さんやホームセンターでもおなじみのアジアンタム、だれもが手に取って見たことがあるのではないでしょうか。
明るい緑色の薄く小さな葉が特徴のオシャレで魅力的な観葉植物です。

東京堂のアジアンタムポットも繊細な葉としなやかに伸びたステム(茎)は先端までワイヤー入りで自由に形が作れてとっても人気のアイテム。
本物は乾燥や寒さに弱い植物なのですが、東京堂のアジアンタムポットはアーティフィシャルですから水やりも温度管理も要りません。
毎日、生き生きとした姿が楽しめます!


魅力のポイントは、ギリギりに挑戦した「薄さ」と「ゆらぎ」

生花の繊細さにはどうしてもまだ敵いません。
しかし、少しでも近づけるようMAGIQは日々、研究を続けています。

今回のアジアンタムのポイントは「薄さ」と「ゆらぎ」。
ギリギりの薄さに挑戦したのが写真からも伝わりますでしょうか?
さりげなく葉にもハンドウォッシュで隠しブラウンが入っています。
そして、ステムの中には細さと耐久のバランスを考えたワイヤーが入っており、生花のようなやわらかい弓なりのカーブが描けるようになっています。

お手元に届いたら、お好みの形にふんわりとカーブをもたせてあげてください。
ふわふわと揺れるアジアンタムの完成です。


楽しく手軽に!日々のとなりにグリーンの癒しを。

生花の観葉植物には自身で育む楽しさや喜びがあります。
しかし多忙な現代、様々な事情で育てきれない方も多くいらっしゃいます。
 『花のある暮らしを誰でも気軽に、そして長く楽しめること』
そのためにMAGIQはクオリティーの高い素敵な花や緑を届けたいと思っています。


MAGIQのある暮らし

花や緑をふと目にした時、心が華やぐ瞬間は誰もが感じた事があるでしょう。
まずはお好みの花やグリーンを花瓶にポンと1本入れてみる、それだけで空気が和みます。

好きな色は何色ですか?
明るい色はもちろん、青や黒、アンティークカラーやシルバーといったアーティスティックなものまでたくさんあるので、お好きな色をぜひ探してみてください。

MAGIQ(アーティフィシャルフラワー)は水やりの必要もないので、そのまま気軽に楽しめます。
自分の好みにお部屋を飾ったり、お家時間に手作りをしてみたり…
自分のペースや家族のペースに合わせて思い思いに楽しんでいただけます。
自宅や身近な場所にMAGIQを飾りませんか?


ご購入はこちらから

作品作りや店舗のディスプレイにお悩みなら、ハイエンドから扱いやすいスタンダードアイテムまで幅広く揃った東京堂「MAGIQ」におまかせください。
 

●業務取引をご希望の方は こちら
(法人会員のご案内)

●一般の方のお買い物は こちら
(一般向け小売りサイト マイフラ)

●東京堂 店舗詳細は こちら


この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る