サラシって何?【How to DRY】

2021.08.24 その他

はじめてでも安心♪ドライフラワーを楽しむヒントをご紹介します!

ナチュラルで素敵なドライフラワーを飾ってみたいけど・・・
何かコツはあるのかな?ずっと飾っておいて大丈夫なの?など、
さまざまな疑問と回答をコラム形式でご紹介してまいります。


サラシって何?

今回は「サラシ(晒し)」についてお話をします。

ドライフラワーの「サラシ」は「植物本来の色素を脱色」したものをいいます。

色の主張が無いことで素材感が際立ち、そのスタイリッシュな印象は
インテリアとしても人気があります。

「サラシ」について


同じ素材でもドライの仕上げが変わると、印象も随分変わります。
皮付き、皮なしのナチュラルドライと「サラシ」は全く別の表情になります。

「サラシ」は、規格に合った材料かどうか選別した後、
「植物本来の色素」を脱色して
品質を損なわないように時間をかけて乾燥させて作ります。

※写真は「ウンリュウ柳」です。


面のある葉や枝、ワイルドフラワーなど種類も豊富です。


根っこや実物なども「サラシ」たものは、洗練された印象さえあります。


脱色した後、プリザーブド加工で素材本体を柔らかくして、
デザインやアレンジに扱いやすくしたものもあります。


薬剤で葉脈だけにしたスケルトンリーフも、「サラシ」にすることで
ディテールが浮かび上がり、美しい仕上がりになります。

ナチュラルドライとは、また違った「サラシ」の魅力をどうぞお楽しみください。



この記事に関するタグ

関連する記事

一覧へ戻る