【How to DRY】ドライフラワーを長く楽しんでいただくために

2020.09.23 その他

はじめてでも安心♪ドライフラワーを楽しむヒントをご紹介します!

ナチュラルで素敵なドライフラワーを飾ってみたいけど・・・
何かコツはあるのかな?ずっと飾っておいて大丈夫なの?など、
さまざまな疑問と回答を毎月コラム形式でご紹介してまいります。


ドライフラワーのお手入れと保管について

お気に入りのドライフラワーを長く楽しんでいただくためには
風通しのいい、直射日光の当たらない場所に飾ることをお勧めしています。

ただ、一時的に作品を保管しなければならないときや
花材が残ってしまうことがあると思います。

そういった時の保管やお手入れの仕方をご紹介いたします。


お手入れについて

まず、ドライフラワーのお手入れについてご紹介します。

花や葉は乾燥しているので、大変壊れやすくデリケートです。
化繊のホコリ取りなどを使用すると壊れてしまうことがあります。

軽く振って、ホコリを払うくらいにしておきましょう。

ホコリもカビの原因になります。

保管する前にお手入れをして汚れは取り除いておきましょう。


保管について

実物や葉など小さなドライはボトルなどに
乾燥剤と一緒に入れておくと良い状態が長く保てます。

ボトルをいくつか並べて保管しながら飾るのも素敵ですよね。



保管したい花材は段ボールなどに詰めすぎないように入れて下さい。

段ボールを日の当たらない、乾燥した場所に保管すれば
しばらくそのままの状態で保存できます。

できれば、乾燥剤・防虫剤などを一緒に入れていただくことをお勧めします。

ドライフラワーにも寿命があります。
お花の種類にもよりますが、1、2カ月で退色する素材もあります。
保管したドライフラワーも、お早めにお使いくださいね。


この記事に関するタグ