【How to DRY】ドライフラワーはいつまで飾っていいの?

2020.08.18 その他

はじめてでも安心♪ドライフラワーを楽しむヒントをご紹介します!

ナチュラルで素敵なドライフラワーを飾ってみたいけど・・・
何かコツはあるのかな?ずっと飾っておいて大丈夫なの?など、
さまざまな疑問と回答を毎月コラム形式でご紹介してまいります。


ドライフラワーはいつまで飾っていいの?


前回の記事 でドライフラワーが「乾燥させているお花」だということをご紹介させていただきました。

「乾燥させているから、ずっと飾れる」と思われるかも知れません。

実は、ドライフラワーには寿命があるんですよ。

飾っている環境やお花の種類によっても違いますが…
早いものだと、1、2カ月。
また、1年以上飾れるものもあります。


制作より約半年後と比較


花や葉が時間と共に変化する様子を楽しむのもドライフラワーならではの魅力です。

ニュアンスカラーやシックな色合いが
お好みの方は色褪せてもなお長く楽しみたいと思われるのではないでしょうか?


寿命は飾る方の判断になりますが
花や葉の退色が進んだりパラパラと朽ちてくるようになったら
お取替えいただいた方がいいでしょう。

直射日光にさらされると退色が早まるだけでなく 乾燥で花や葉が朽ちるのを早めてしまいます。

風通しのいい、直射日光の当たらない場所に ドライフラワーを飾り美しい姿を長く楽しみましょう。


この記事に関するタグ